学会誌『福祉社会学研究』関連情報

投稿規程(10/12/20更新)
執筆要領(17/05/28更新)

『福祉社会学研究15』の原稿募集について



『福祉社会学研究14』
Journal of Welfare Sociology
No.14

■会長講演
福祉社会学の自己分析………………………………………………………………………………………………………………藤村正之
■特集 領域横断性――創造的活動との接点から福祉社会を考える…
特集「領域横断性――創造的活動との接点から福祉社会を考える」に寄せて………………………………………………井口高志・森川美絵
農業でも,福祉でもなく―<郊外>となった場所を/で<分解する>……………………………………………………… 猪瀬浩平
福祉領域に再参入する宗教―ホームレス支援の事例を通じた「宗教の社会貢献」の検討…………………………………白波瀬達也
■公募特集論文 シティズンシップとその外部――複数の排除,複数の包摂
なぜ「シティズンシップとその外部」を問うのか ―特集によせて…………………………………………………………亀山俊朗
何が移民の貧困をもたらすのか ―EU諸国における移民の福祉の比較分析…………………………………………………寺田晋
1918年米騒動における二つの「生存権」 ―モラル・エコノミーとシティズンシップ……………………………………冨江直子
不登校問題をめぐる排除/包摂の重層性 ―「フリースクール」の法制度化とシティズンシップの再編………………森田次朗
■自由論文
介護労働における早期離職率の規定要因 ―「1年目の壁」はいかにして超えられるか…………………………………大久保将貴
現代高齢者福祉における「希望」の位置づけ
―「ニーズ」をめぐる政策論および実践論との関係から………………………………………………………………………佐藤惟
■書評
金成垣『福祉国家の日韓比較―「後発国」における雇用保障・社会保障』…………………………………………………鎮目真人
矢野亮『しかし、誰が、どのように、分配してきたのか―同和政策・地域有力者・都市大阪』…………………………坂田勝彦
稲葉昭英・保田時男・田渕六郎・田中重人編『日本の家族 1999-2009―全国家族調査[NFRJ]による計量社会学』… 久保田裕之
小磯明『高齢者医療と介護看護―住まいと地域ケア』…………………………………………………………………………平岡公一
■福祉社会学会会員からの書籍情報


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 学文社
発行  2017年5月
ISSN 1349-3337
ISBN 978-4-7620-2724-6 C3036


『福祉社会学研究13』
Journal of Welfare Sociology
No.13

■特集 規範的探求の学としての福祉社会学の可能性
特集「規範的探求の学としての福祉社会学の可能性」に寄せて…………………………………………平野寛弥
コモンズ型の社会福祉論を――イデオロギー対立を超えて………………………………………………盛山和夫
サードセクター研究の「第三ステージ」――サードセクター組織と規範性をめぐって………………米澤 旦
福祉と規範――市場とコミュニティを再考する……………………………………………………………亀山俊朗
■自由論文
ケアと貨幣――障害者自立生活運動における介護労働の意味……………………………………………深田耕一郎
障害者運動における障害者と健常者の連帯的活動の展開
――1970年代の「わっぱの会」の活動を事例に……………………………………………………………伊藤綾香
世田谷における障害者運動の生成と展開――地域像の構想に焦点を当てて……………………………丸岡稔典
犯罪被害者支援に携わる精神科医の2つの「専門性」
――精神的被害の管轄権とケアの非対称性に注目して……………………………………………………岡村逸郎
■書評
中田雅美『高齢者の「住まいとケア」からみた地域包括ケアシステム』………………………………安達正嗣
北村健太郎『日本の血友病者の歴史――他者歓待・社会参加・抗議運動』……………………………蘭由岐子
白波瀬達也『宗教の社会貢献を問い直す――ホームレス支援の現場から』……………………………後藤広史
下夷美幸『養育費政策の源流――家庭裁判所における履行確保制度の制定過程』……………………稲葉昭英
齋藤曉子『ホームヘルプサービスのリアリティ――高齢者とヘルパーそれぞれの視点から』………石橋 潔
副田義也『生活保護制度の社会史[増補版]』……………………………………………………………菊地英明
上村泰裕『福祉のアジア――国際比較から政策構想へ』…………………………………………………下平好博
森川美絵『介護はいかにして「労働」となったのか――制度としての承認と評価のメカニズム』…大和礼子


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 学文社
発行  2016年5月
ISSN 1349-3337
ISBN 978-4-7620-2653-9 C3036


『福祉社会学研究12』
Journal of Welfare Sociology
No.12

■会長講演  「福祉」の測定から幸福度へ
――数量化をめぐる半世紀を振り返る………………………………………………………………三重野卓
■特集 生きる場から構想する福祉社会学
特集「生きる場から構想する福祉社会学」に寄せて………………………………………………三井さよ
贈与の福祉が生まれるところ――生の技法としての参与観察……………………………………深田耕一郎
ケアの倫理と福祉社会学の架橋に向けて――ケアの倫理の存在論と社会論より………………岡野八代
■自由論文
国際移住高齢者のケア戦略――チェンマイでの調査から…………………………………………上野加代子
■特別企画
福祉社会学の成果と課題――『シリーズ福祉社会学[全4巻]』編者座談会……………………副田義也・武川正吾・藤村正之・庄司洋子
■書評
木戸功『概念としての家族』…………………………………………………………………………樫田美雄
山田宣廣『住民主導の地域福祉理論』………………………………………………………………室田信一
松木洋人『子育て支援の社会学』……………………………………………………………………堀 聡子
ダルク研究会編著『ダルクの日々 薬物依存者たちの生活と人生』……………………………野口裕二
有吉玲子『腎臓病と人工透析の現代史』……………………………………………………………武藤香織
後藤広史『ホームレス状態からの「脱却」に向けた支援』………………………………………岡部 卓
荒井浩道『ナラティヴ・ソーシャルワーク』………………………………………………………相良 翔
大岡頼光『教育を家族だけに任せない』……………………………………………………………所 道彦
近藤理恵『日本,韓国,フランスのひとり親家族の不安定さのリスクと幸せ』………………湯澤直美
■世界社会学会議横浜大会「世界へのメッセージ」福祉社会学会寄稿
A Challenge of Japan’s Welfare Society : Message to the World from the Japan Welfare Sociology
Association………Shogo TAKEGAWA, Rokuro TABUCHI, Yuko SUDA and Norihiro HIHEI
■福祉社会学会会員からの書籍情報


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 東信堂
発行  2015年5月
ISSN 1349-3337
978-4-7989-1296-7 C3036


『福祉社会学研究11』
Journal of Welfare Sociology
No.11

■特 集1  比較福祉研究の新展開
特集「比較福祉研究の新展開」に寄せて………………………………上村泰裕
東アジアの企業福祉と社会保障制度……………………………………末廣昭
アジアにおけるケアレジームの比較研究………………………………落合恵美子
福祉国家と市民社会の「相互排除パラダイム」を再考する…………仁平典宏
■特 集2  福祉社会学のアジェンダを問う
福祉社会学のアジェンダを問う…………………………………………杉岡直人・高野和良
福祉社会学の到達点を理論的課題………………………………………三重野卓
福祉社会学研究の今後の課題……………………………………………平野寛弥
福祉社会学の研究動向……………………………………………………田渕六郎
■自由論文
「子育てひろば」における男子学生ボランティアの関わり…………堀聡子
住民の計画能力の形成要因と方法………………………………………萩沢友一


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 東信堂
発行  2014年6月
ISSN 1349-3337
ISBN 978-4-7989-1236-3


『福祉社会学研究10』
Journal of Welfare Sociology
No.10


■特 集  ポスト3.11における社会理論と実践
特集「ポスト3.11における社会理論と実践」に寄せて……………………天田城介
災害ボランティア活動から見えること………………………………………村井雅清
ボランティアの制度化は〈支援〉の有り様に何をもたらしたか…………新雅史
震災復興支援と「支え合い」…………………………………………………佐藤恵
「3.11」と「3.12」……………………………………………………………矢部史郎
社会(科)学の啓蒙的な論調について………………………………………小泉義之
特集について……………………………………………………………………三井さよ
■自由論文
利用主体−提供主体間の相互規定を通した社会福祉の成立………………寺田貴美代
児童養護施設の職員が抱える向精神薬投与への揺らぎとジレンマ………吉田耕平
ダルクにおける薬物依存からの回復に関する社会学的考察………………相良翔
分断される養育者たち…………………………………………………………和泉広恵
高齢者地域包括ケアにおけるネットワーク構築とその効果………………宮垣元


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 東信堂
発行  2013年7月
1349-3337
ISBN 978-4-7989-0067-4 C3036


『福祉社会学研究9』
Journal of Welfare Sociology
No.09


■特 集  東日本大震災と福祉社会の課題――〈交響〉と〈公共〉の臨界
特集のねらい:〈交響〉と〈公共〉の臨界……………………………………………岡部耕典
〈災害時経済〉とモラル・エコノミー試論……………………………………………似田貝香門
セーフティネット構造と震災対策の課題――制度の隙間に焦点をあてて…………鎮目真人
キャッシュ・フォー・ワークとワークフェア…………………………………………小林勇人
東日本大震災と男女共同参画――「人間の復興」に向けて…………………………下夷美幸
後ろに付いて拾っていくこと+すこし――震災と障害者病者関連・中間報告……立岩真也
二つの震災と市民セクターの再編――3.11被災者支援に刻まれた「統治の転換」の影をめぐって…………仁平典宏
■自由論文
医療の論理が認知症ケアにもたらすもの――あるデイサービスの試みを事例にした探索的研究……………井口高志
ひろば型子育て支援における「当事者性」と「専門性」――対称性を確保するための非対称な工夫………松木洋人
■書 評
中嶋和夫監修、尹靖水、近藤理恵編著『多様な家族時代における新しい福祉モデルの国際比較研究』……和泉広恵
佐藤恵『自立と支援の社会学』…………………………土屋葉
「支援」編集委員会編『支援』Vol.1……………………天田城介
白波瀬佐和子『生き方の不平等』………………………熊本理抄
須田木綿子『対人サービスの民営化』…………………山下順子
仁平典宏『「ボランティア」の誕生と終焉』…………平野寛弥
松繁卓哉『「患者中心の医療」という言説』…………金子雅彦
松村直道『介護予防支援と福祉コミュニティ』………金貞任
山田昌弘編著『「婚活」現象の社会学』………………益田仁


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 東信堂
発行  2013年6月
1349-3337
ISBN 978-4-7989-0067-4 C3036


『福祉社会学研究8』
Journal of Welfare Sociology
No.8


■特 集  小規模・高齢化集落の生活・福祉課題と持続可能性
特集解題:小規模・高齢化集落の生活・福祉課題と持続可能性……後藤澄江
過疎高齢社会における地域集団の現状と課題…………………………高野和良
集落の維持・存続の分析枠組み…………………………………………徳野貞雄
小規模・高齢化集落の高齢者と地域福祉………………………………小磯明
福祉社会学からみた小規模・高齢化集落研究の課題…………………永井彰
■自由論文
精神障害者と仕事…………………………………………………………阿部俊彦
地域福祉実践の規模論的理解……………………………………………山本馨
介護職の「専門性」に対する認識と評価………………………………吉岡なみ子
■会長講演
福祉社会学の想像力………………………………………………………武川正吾


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 東信堂
発行  2011年5月20日
ISSN 1349-3337
ISBN 978-4-7989-0067-4 C3036


『福祉社会学研究7』
Journal of Welfare Sociology
No.7


■特 集  「共助」の時代・再考
この時代を見立てること…………………………………………………立岩真也
償いでもなく,報いでもなく,必要だから………………………………後藤玲子
〈老い〉をめぐる政策と歴史……………………………………………天田城介
二つの共助……………………………………………………………………武川正吾
■自由論文
表情を交わし合う相互行為…………………………………………………石橋潔
R.ピンカーの市民権論……………………………………………………香川重遠
生活をまわす/生活を拡げる………………………………………………三井さよ
保育者―保護者間のコミュニケーションと信頼…………………………二宮祐子
介護労働とユニット志向ケア導入プロセス………………………………片桐資津子


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 東信堂
発行  2010年3月31日
ISSN 1349-3337
ISBN 978-4-88713-980-0 C3036


『福祉社会学研究6』
Journal of Welfare Sociology
No.6


■特 集  介護労働のグローバル化と介護の社会化
特集解題:介護労働のグローバル化と介護の社会化……………………秋元美世
東アジアにおけるケアの「家族化政策」と外国人労働者………………安里和晃
介護現場がかかえる課題の現状……………………………………………森山千賀子
介護保険制度と介護の「社会化」「再家族化」…………………………藤崎宏子
■自由論文
ボランティア文化の変容に対応したボランティア支援の在り方………高木寛之
介護というコミュニケーション……………………………………………深田耕一郎
「第一次お産革命」の再検討………………………………………………新道由記子
■パネルディスカッション報告
脱福祉国家施策における身体の政治を考える……………………………二宮雅也


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 東信堂
発行  2009年6月1日
ISSN 1349-3337
ISBN 978-4-88713-921-3 C3036


『福祉社会学研究5』
Journal of Welfare Sociology
No.5
May 2008


■基調講演
格差社会,Poverty,Social Exclusion…………………………… 星野信也
■特 集  東アジア福祉社会の可能性
特集解題:東アジア福祉社会の可能性……………………金子雅彦・鍾家新
アジア福祉社会への視点………………………………………………広井良典
社会保障制度の構築と日中<伝統文化>のゆくえ…………………鍾 家新
■自由論文
障害者水泳における当事者ニーズの定義の困難性と指導員の ポジショナリティ………玉置佑介
精神保健政策の変容……………………………………………………竹端 寛
障害者自立支援法の下での「支え合い」……………………………佐藤 恵
■書評
副田義也著『内務省の社会史』…………………平岡公一
樽川典子編『喪失と生存の社会学:大震災のライフ・ヒストリー』………岩崎信彦
杉野昭博著『障害学:理論形成と射程』………要田洋江
西下彰俊著『スウェーデンの高齢者ケア:その光と影を追って』………新田雅子
西山志保著『ボランティア活動の論理』………木下武徳


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 東信堂
発行  2008年5月30日
ISSN 1349-3339
ISBN 978-4-88713-843-8 C3036


『福祉社会学研究4』
Journal of Welfare Sociology
No.4
June 2007


■基調講演
福祉社会研究の3レベル………………………………………………山手茂
――マクロ・メゾ・ミクロ――
■特 集  福祉社会の基盤を問う
――ソーシャル・キャピタルとソーシャル・サポート――
特集解題:趣旨,論点,総括…………………………三重野卓・田渕六郎
ソーシャル・キャピタルとNPO・ボランティア………………… 田中敬文
ソーシャル・キャピタルと健康……………………………………藤澤由和
ソーシャル・サポート,ケア,社会関係資本……………………稲葉昭英
■特別寄稿
ソーシャルエコノミーをめぐる諸概念と非営利組織…………ジョン・バン・ティル(須田木綿子訳)
■自由論文
女性の介護:ライフコース視点からの考察……………………菊澤佐江子
初期認知症高齢者の語り合いにおける相互作用過程…………佐川佳南枝
ニューヨーク市のワークフェア政策………………………………小林勇人
――就労「支援」プログラムが受給者にもたらす効果――
■パネルディスカッション報告
大阪におけるホームレスとソーシャル・インクルージョン……鎮目真人
■書評論文
東アジア福祉レジーム分析の現状……………………………………河野真
――日韓比較の視点を軸に――
日本の児童虐待問題に関する研究の10年………………………三島亜紀子
――社会福祉学の研究者v.s.社会学の研究者――
■書評
和泉広恵著「里親とは何か――家族する時代の社会学」………神原文子
白波瀬佐和子編「変化する社会の不平等」…………………………土場学


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 東信堂
発行  2007年6月23日
ISSN 1349-3339
ISBN 978-4-88713-767-7 C3036


『福祉社会学研究3』
Journal of Welfare Sociology
No.3
June 2006


■特別寄稿
ソーシャル・ケア領域における福祉の混合経済
 国際比較の視点から…………………………マイケル・ヒル(所道彦訳)
訳者解題
■特 集  ソーシャル・ガバナンスの可能性
特集解題…………………………………………………杉岡直人・平岡公一
脱二分論型志向とパートナーシップ…………………………………宮脇淳
福祉社会のガバナンス………………………………………………武川正吾
――グローバルとローカル――
参加と協働による地域福祉のガバナンス…………………………野口定久
――持続可能な地域コミュニティの形成――
■自由論文
シティズンシップの変容と福祉社会の構想………………………亀山俊朗
ホームヘルプ労働の教育制度と相互行為場面について
 の考察……………………………………………………………石田健太郎
――実践の中で「熟練者になる」ことを学習する――
■パネルディスカッション報告
「べてるの家」の福祉社会学………………………………………野口裕二
■研究情報
「福祉社会学」研究と日米センター助成プログラム……………高野佳男
■書評
白波瀬佐和子著「少子高齢社会のみえない格差
 ジェンダー・世代・階層のゆくえ」……………………………直井道子
春日井典子著「介護ライフスタイルの社会学」…………………藤崎宏子
倉本智明編「セクシュアリティの障害学」………………………杉野昭博
山田富秋編著「老いと障害の質的社会学
 フィールドワークから」…………………………………………天田城介
三井さよ著「ケアの社会学:臨床現場との対話」………………木下康仁


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 東信堂
発行  2006年6月24日
ISSN 1349-3337
ISBN 4-88713-698-6 C3036


『福祉社会学研究2』
Journal of Welfare Sociology
No.2
May 2005


■特 集T 福祉社会の可能性
論点と課題………………………………………………松村直道・藤村正之
福祉NPOの展開と福祉社会学の研究課題 …………………………安立清史
福祉NPOの社会学的理解に向けて ……………………………………宮垣元
公的対人サービス領域における行政役割の変化と「NPO」 …須田木綿子

■特 集U 諸外国の福祉政策に関する展望
特集解題…………………………………………………………白波瀬佐和子
英国福祉国家制度の動態………………………………………………河野真
もうひとつの福祉レジーム?………………………………………小谷眞男
EU社会政策とオランダ福祉国家の変容…………………………廣瀬真理子
韓国における社会福祉の動向………………………………………株本千鶴



編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 東信堂
発行  2005年5月31日
ISSN 1349-3337
ISBN 4-88173-619-6 C3036



『福祉社会学研究1』
Journal of Welfare Sociology
No.1
May 2004


■記念論文
福祉社会学の課題と方法……………………………………………副田義也

■特 集T 福祉社会学の日本的展開
論点と課題……………………………………………………………直井道子
福祉社会学の理論的展開……………………………………………平岡公一
――社会政策論・社会計画論・福祉国家論とのかかわりで――
福祉政策論の日本的展開……………………………………………杉野昭博
――「普遍主義」の日英比較を手がかりに――
福祉実践の臨床社会学………………………………………………野口裕二
――その課題と可能性――

■特 集U 福祉社会学研究のフロンティア
趣旨,論点,総括……………………………………………………三重野卓
福祉の価値空間の社会学……………………………………………藤村正之
――その序論的検討――
地域概念再構築の福祉的課題………………………………………小川全夫
福祉改革と家族変動…………………………………………………藤崎宏子
――2つの制度領域間のインターフェイス――

■自由論文
移行期中欧の社会保障制度の特長と意義…………………………平野寛弥
社会福祉が成立する範疇に関する分析枠組の構築……………寺田貴美代
――価値観と生活問題への対応の視点を中心に――
福祉ネットワークの形成条件………………………………………廣瀬まり
――愛知県知多半島を中心とした福祉NPOのネットワークを事例として――
障害者の自己決定とボランティア/NPOによる支援……………佐藤恵
医療の中の介護労働…………………………………………………森川美絵
――“寝たきり老人”対策としての「付添」の制度化と問題化を手掛かりに――
社会的公正へ向けた選別的普遍主義………………………………星野信也
――見失われた社会保障理念の再構築――


編集者 福祉社会学研究編集委員会
発行者 福祉社会学会
発行所 株式会社 東信堂
発行  2004年5月31日
ISSN 1349-3337
ISBN 4-88173-560-2 C3036

HOME