大会関連情報

臨時大会の開催(2021年12月12日)のお知らせ

 福祉社会学会では、今年度の大会直前に発覚したニュースレターの不着問題への対応を図るとともに、昨年来のコロナ禍によって様々な形で制約を受けてきた学会活動を後押しする目的から、2021年12月12日(日)の午後に臨時大会を開催することにいたしました。
 当日のスケジュールは以下のとおりです。

13:00〜13:10 開会挨拶
13:10〜15:00 特別企画:トークセッション
13:10〜14:00 3名の登壇者による話題提供(各15分程度)
14:00〜14:10 休憩 兼 登壇者への質問収集
14:10〜15:00 リプライ及びフロアを交えたフリートーク

<特別企画:トークセッション「コロナ禍における研究・教育実践」>

 2020年初頭に始まった世界規模の新型コロナウイルスの感染拡大は、世界を一変させるほどの大きな影響をもたらしています。研究・教育実践も例外ではなく、福祉社会学と関連領域における研究・教育実践、とりわけ対人接触を伴う社会調査や実習などではこれまでの手法やアプローチを見直さざるを得ない事態が生じています。
 セッションでは、「コロナ禍での研究・教育実践」をテーマに、困難な状況下において研究・教育を進めるための新たな取り組みや工夫、試行錯誤の様子について、3名にご登壇いただき、話題を提供していただきます。その上で、フロアも交えたざっくばらんな意見交換・情報共有を図ります。

 登壇者(敬称略):
 須田木綿子(東洋大学)、相良翔(埼玉県立大学)、伊東香純(日本学術振興会特別研究員)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*福祉社会学会臨時大会の参加方法等について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 福祉社会学会臨時大会は、12月12日(日)の13時から15時までの予定で、以下の要領で開催されます。
 なお、自由報告の申し込みがございませんでしたので、特別企画のトークセッションのみの開催となります。
 みなさまのご参加をお待ちしております。

【大会の参加方法】

>> 過去の大会


福祉社会学会トップページへ戻る